ファクタリングを活用するポイントについて

  • ファクタリングを使うことができる企業は強い

    • 企業を継続していくためには、スムーズなお金の流れ、すなわち資金繰りが非常に重要となります。

      とはいえ、特に中小以下の企業においては資金が滞りやすく、たとえしっかりとした資金繰りの計画を立てていたとしても、些細な原因からあっという間に資金が圧迫することも珍しくありません。そこで、ファクタリングの仕組みを把握しておくことで、いざというときに必ず役立ちます。


      ファクタリングの目的は、売上債権の早期回収です。

      ファクタリング会社

      具体的には、商品を売ったりサービスを提供したりして得た売上債権(後で売上の入金をしてもらう約束のこと)を業者へ譲渡し、いくらか差し引かれた金額を持って受けとることになります。


      売上債権は通常、一定期間を経た後に資金を回収することになりますが、その前に買掛金やローンなどの債務の支払いや返済がある場合は、当該売上債権の資金を用いることができません。これによりお金の流れが滞り、いわゆる資金ショートに陥ることになります。


      そこでファクタリングによって売上債権の資金を早期に回収することが出来れば、資金ショートを防ぐだけでなく、次の投資機会へ資金を回すことが可能となります。ファクタリングを利用する場合、資金の早期回収を意図しているということは、資金繰りが逼迫している、すなわち企業経営が上手く立ち回らなくなっているとの印象を与えてしまうという懸念があります。



      その場合には、ファクタリングを行うことを外部に公表しない方法も存在するため、状況によって使い分けることにより、その効果をより高めることが可能となるでしょう。