トリマーの資格は民間ですが、取得しておいた方が有利

subpage01

トリマーを志す人が増えています。


トリマーの主な仕事は、犬を綺麗にし、健康な状態を保ってあげることです。


ただ犬を綺麗にするといっても資格が必要で、専門学校で、専門的な知識や技術を学ぶことになります。国家資格ではありませんが、大切なペットをお預かりするので、それなりの責任が付いてきます。


トリマーになるには、専門学校や通信講座で必要な知識を身につけます。


知識や技術を早く習得するために、ペットショップでアルバイトをして経験を積む方法もあります。

その後、民間団体が設けているトリマー資格を取得することで、トリマーと名乗って働くことができるようになります。

就職先はペットショップを中心に、動物病院やペットホテルなど多数あります。


今やペットは家族なので、就職後も、動物を大切にしたいという強い思いが大切です。

ほぼ立ち仕事なので、動き回ることができる体力が必要です。
暴れたりする動物もいるので、落ち着いて対処できる冷静さも備わっていると、なお良いでしょう。

トリマーの資格の最新情報を紹介しています。

犬の美容師という感覚なので、手先が器用であった方が有利な仕事です。



毛をカットするので、仕上がりがどんな風になるのかという想像力も必要です。
コミュニケーション能力が高ければ、飼い主が思う通りのカットにできるので、この能力は鍛えておくと良いでしょう。お客様に満足してもらうための仕事なので、本位で行ってはいけません。



女性スタッフばかりかと思えますが、最近では男性にも人気の職種です。